第53回 日本理学療法士学会学術大会 第23回 日本基礎理学療法学会学術大会 ― 身体運動学を極める ―

プログラム

大会長講演
筋の運動学 -筋の機能とトレーニング-
京都大学大学院医学研究科 市橋則明
特別講演
最近の画像診断技術の進歩に伴う関節運動学
大阪大学大学院医学研究科 菅本一臣 先生
特別講演
人工膝関節のバイオメカニクスの最新知識
京都大学大学院医学研究科 松田秀一 先生
教育講演1
腱の運動学 -腱の機能とトレーニング-
東京大学大学院総合文化研究科 久保啓太郎 先生
教育講演2
筋骨格系シミュレーションの基礎理論と実践
立命館大学大学院スポーツ健康科学研究科 長野明紀 先生
教育講演3
iPS細胞由来軟骨による再生医療最前線
京都大学iPS細胞研究所 妻木範行 先生
教育講演4
筋・筋膜性疼痛の生理・病態・治療
新潟医療福祉大学医療技術学部 田口 徹 先生
教育講演5
ヒトの姿勢・歩行の神経制御
広島大学大学院総合科学研究科 進矢正宏 先生
教育講演6
肢節間協調の制御機構
大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科 平岡浩一 先生
教育講演7
筋内脂肪:医用画像による評価と加齢や不活動の影響
名古屋大学大学院教育発達科学研究科 秋間 広 先生
シンポジウム
超音波画像診断技術を用いた生体組織の評価とその応用
京都大学大学院医学研究科 椎名 毅 先生
早稲田大学スポーツ科学学術院 川上泰雄 先生
京都大学大学院医学研究科 池添冬芽 先生
シンポジウム
日本理学療法士学会における取組みモデルとしての学会版MMTおよび
ROM測定指針の開発

東北文化学園大学医療福祉学部 藤澤宏幸 先生
東京慈恵会医科大学附属病院 中山恭秀 先生
シンポジウム
若手研究者(U39)による最先端研究紹介
サルモデルを用いた視床痛を引き起こす神経可塑性の探索
筑波大学・産業技術総合研究所 長坂和明
変形性膝関節症における
再生リハビリテーション確立に向けた分野横断型研究
慶應義塾大学理工学部/京都大学大学院医学研究科理学療法学専攻 飯島弘貴
非侵襲的脳刺激法が立位姿勢制御に与える影響
新潟医療福祉大学リハビリテーション学部 犬飼康人
疾病予防に対する神経筋電気刺激の可能性を探る
兵庫医療大学リハビリテーション学部 宮本俊朗
小胸筋の柔軟性と肩甲骨運動の関連
京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 梅原 潤
高齢期における骨格筋の質的変化が筋力発揮に及ぼす影響
京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 谷口匡史
↑